*

DNSサーバ移行 – Roadworker

   

DNSサーバを移行する必要があり、手動で作成されたZoneファイルを見ながら愕然としていました。
サブドメインが大量にあって、それぞれが正しいことを確認するのはもちろんなのですが、「手動で作成」が怖くて怖くて。

そこで、「Roadworker」を使ってみました。
・Route53の設定情報をエクスポートできる
・Route53の設定情報をインポートできる
・Route53の設定情報のインポートをdryrunできる
・Route53の現行設定との差分比較ができる
と必要十分な機能があります。

また、gemが用意されていて導入がとても楽でした。

導入手順

Roadworkerを使う前にやったこと

① IAM設定

– AWSの対象アカウントのIAMで Roadworker用のユーザーを作成
– 権限に AmazonRoute53FullAccess を付与 (exportのみならAmazonRoute53ReadOnlyAccess)

② region設定

crediantialを設定していない場合に region指定が必要
( route53 は regionに依存しませんが AWS SDKを使う都合上、指定必須の様子 )

Roadworker 実行

エクスポート

インポート (dryrun)

インポート

おかげさまでやろうと思っていた移行は速やかに終わり、安心安全。
今まではあまり意識していなかったDNS設定もバックアップが取れるようになりました。

Author Profile

watahiki
株式会社デジタルクエスト 開発部 部長
サーバーサイドのエンジニアでもあります。
直接開発に関わらなくなると、一瞬で置いていかれてしまう危機感を持ちながら、バランスに気をつけて仕事してます。
趣味は麻雀。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  関連記事

amazon_icon
手軽にインフラ環境構築の自動化を実現する(したい) 其ノ参 CloudFormationでCodeDeploy設定を自動構築してみる。

前々回(手軽にインフラ環境構築の自動化を実現する(したい) 其ノ壱)の続きです。 …

amazon_icon
AWS re:Inventをまとめておいた

先日行われた AWS re:Invent の内容をカンタンにまとめてみました。 …

amazon_icon
【速報】PHP7をAmazon Linuxに早速入れてみて、5.6とのベンチマークを取ってみた。

PHP7が11年ぶりに正式リリースされたそうなので、早速試してみたです速報。 試 …

AWS_CloudFormation-200x200
手軽にインフラ環境構築の自動化を実現する(したい) 其ノ弐 CloudFormationでAurora環境を構築してみる。

前回(手軽にインフラ環境構築の自動化を実現する(したい) 其ノ壱)の続きです。 …

AWS_CloudFormation-200x200
手軽にインフラ環境構築の自動化を実現する(したい) 其ノ壱 CloudFormationの使い方をマスターする

DQには実はインフラ専任のエンジニアは居ません。 案件担当のエンジニアがインフラ …